BUY TICKET

FUTURE LEADERS
DESIGN LAB
未来をデザインする、
リーダーをつくる。

2017.11.19 Sun11:00開場 11:30開演

CONFERENCE INFORMATION
イベントについて

Why do leaders design the future?

子どもたちが生きる、これからの未来は、もっとずっと素敵なものであるべきじゃないか。

様々な不和がなくなり、個々人が尊重され、住みよい環境の中、自分を実現し、しあわせでよろこびに満ちた生活をおくる。

FUTURE LEADERS DESIGN LABでは、そんな未来の社会をつくるために、各界で力強い活動を続けるリーダーたちを招き、なぜ彼らリーダーは未来をデザインし続けられるのかを解き明かしていきます。

彼らは、何に突き動かされているのか。
リーダーシップの源泉はどこにあるのか。

“この1日を通して、より多くのFUTURE LEADERをつくり出す。”
これがFUTURE LEADERS DESIGN LABの最大のミッションです。

9歳で起業、稼いだ数十億円で社会貢献する少女。 ビビアン・ハーさん初来日!!
KEYNOTE
基調講演

9歳で奴隷解放のために起業した少女。アメリカ生まれ。現在13歳 Vivienne Harr ビビアン・ハー

 当時9歳だった彼女は両親が見せてくれたネパールの二人の男の子の児童奴隷の写真をみてショックを受け、奴隷解放のためのレモネード販売を開始しました。
 少女の行動に心打たれた大人たちより、彼女のレモネードスタンドはツイッターで拡散されクラウドファウンディング形式で10万1,320ドルを調達します。さらに父親と共にレモネードを販売する「make a stand」を設立。売り上げの一部を奴隷解放問題に取り組む団体に寄付するSOCIAL GOODなビジネスモデルで大きく社会を変える動きを実践しています。
twitter社のニューヨーク証券取引書への新規株式公開(IPO)に際してベルを鳴らす大役に2億人のユーザーの中から選ばれるなど「一人の人間にどれだけのことができるのか」また、「社会的事業の持つ力強さ」などの象徴的な立場で現在も様々な活動に取り組んでいます。
変革は一人から始められる。
彼女は言います。「私がやっているのはビジネスではないの。”Giveness”なのよ」
とにかく行動し、小さくても変化を起こす。
目標があるのに行動できない人、「やりたいこと」があって一歩踏み出せない人、私たち大人が彼女から学べることはたくさんあるのではないでしょうか。

メデイアにも多数出演、公演しています。
TEDxFiDiWomenにも登壇しました。
  • アメリカで最も影響力のある慈善事業家の50人 -タウン&カントリー誌
  • 2015年注目の15人の女性起業家 -アントプレナー誌
  • LEAD2015(リーダーシップ卓越会議)にてビル・クリントン元大統領と共演
  • ダライ・ラマ師と共に「共感に関する世界対話」の司会(MIT)
各分野から、SOCIAL GOODな変革を試している
リーダーたちが集まります!
KEYNOTE & SPEAKERS
ゲストスピーカー
  • 安倍 昭恵
    +

    第90・96・97代内閣総理大臣安倍晋三夫人Akie Abe安倍 昭恵

  • 島田 由香
    +

    ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
    取締役 人事総務本部長(CHRO)
    Yuka Shimada島田 由香

  • 脇 雅昭
    +

    神奈川県 課長(総務省より出向中)/よんなな会主催者Masaki Waki脇 雅昭

  • 東 修平
    +

    大阪府四條畷市長Shuhei Azuma東 修平

  • 矢島里佳
    +

    株式会社和える 代表取締役Yajima Rika矢島里佳

  • ユール洋子
    +

    翻訳家、通訳家 / Design for Japan理事Yokoユール洋子

  • 小野美智代
    +

    国際協力NGOジョイセフ市民社会連携グループ長Ono Michiyo小野美智代

  • 松川邦之
    +

    踊る弁護士・カウンセラー・メンタルコーチ。Kuniyuki Matsukawa松川邦之

ORGANIZER
主催者
  • 主催者 GIVENESS INTERNATIONAL会長 矢澤 祐史

    人生は想像以上に多くの学びに満ちています。学びの態度に謙虚さを持てれば、失敗に対する怖れよりも、勇気と好奇心が後押ししてくれるようになります。人生に失敗などない、あるのは学びだけ。

    『既知と未知とに橋を架け、学びの体験をクリエイトする、人生は遊び場だ、しかも最高の。』これがGIVENESS INTERNATIONALのコアバリューです。我々は、自分や仲間をぬるま湯から引きずり出し、ブレーキをぶっ壊し、ソーシャルグッドなアイデアで革命を起こすことで、世の中の「よろこび」と 「しあわせ」を再定義し、それを伝える触媒になる。これからも社会に貢献していきます。

    FUTURE LEADERS DESIGN LAB。ここに集まってくれた、世の中を変革しようとする力強い彼らのリーダーシップの源泉はどこにあるのか。何に突き動かされているのか。子どもたち自身や、子どもたちが生きる未来を創るわれわれ大人が、大きく変わることのできる1日なると信じています。

    矢澤 祐史プロフィール
    矢澤祐史
  • 主催者 GIVENESS INTERNATIONAL会長 矢澤 祐史略歴

    イベントオーガナイズ事業を手がけるギブネスインターナショナル会長兼プロデューサー。様々な依存症からの回復支援施設を運営する依存症治療共同体一般財団法人ワンネスグループ創設者。ICCE(国際アディクション専門職認定教育センター)日本理事。日本テレビ『世界一受けたい授業』、TBS『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の他、手がけた活動は、テレビ・新聞・WEBにて数多く取り上げられている。

    2017年7月に実施した、HERO’S JOURNEY CONFERENCEを皮切りに、2017年11月には、わずか9歳(現在は12歳)で起業し数十億を稼ぎ出し、脚光を浴びた社会起業家、ビビアン・ハーの日本招聘イベントを実施。また、翌2018年に、自伝を映画化した『ソウル・サーファー』でも有名な隻腕の世界的サーファー、ベサニー・ハミルトン選手の来日イベントの開催を決定。また同年、ポジティブ心理学の世界的権威で、ザッポスCEOのトニー・シェイも組織作りの参考にしているマーティン・セリグマン博士を日本に招聘し、「人類の幸福・人類の進化」について解き明かすカンファレンスの開催を企画するなど、『世の中の「よろこび」と 「しあわせ」を再定義し、それを伝える触媒になる。』ことを自身のテーマとし、多くの人生を前向きにドライブするきっかけづくりに奔走している。現在、映画『生まれる』製作・監督である豪田トモ氏による矢澤自身のドキュメンタリー映画を撮影中。

    Giveness International
SPONSOR
スポンサー
  • ユニリーバ
  • GOOD LIFE
  • 松川邦之法律事務所
  • Shop-Is
  • 森川苺農園
  • 株式会社日本デザイン
OUTLINE
開催日 2017年11月19日(日)
11時OPEN予定(調整中です)
会場 東京:大手町サンケイホール
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2
http://www.s-plaza.com/access/
交通機関 各線「大手町駅」 丸の内線/半蔵門線/千代田線/東西線/都営三田線
A4・E1出口直結
JR 「東京駅 丸の内」北口より徒歩 7分
JR東京駅 丸の内
主催 Givness International
お問合わせ TEL 0120-200-069
メールでのお問い合わせはこちら
BUY TICKET
チケットについて

チケットのご料金のうち50%をご選択いただいた団体の活動資金として、寄付させていただきます。
チケットご購入の際、下記の団体から寄付先をご選択ください。
残りの50%は、イベントの運営資金とさせていただきます。

メディア・プレス関係の方は、こちらよりお問合わせください。 info@futureleaders.me